“トレーナーコラム”第9回「”食べる”というトレーニング」

PREMIUM LIFE FITNESS協力のトレーニングコラム第9回!

今回のテーマは、トレーニング・睡眠と並んで子供の成長期の体の発達に不可欠な、食事についてです!

tcolumntop

 

せっかく良い練習やトレーニングを行っても、正しい使用補給ができていなければ全ては水の泡。

食事のポイントや摂るべき栄養素について、紹介してまいります!

 

 1.成長期に欠かせない三大栄養素


子どもの成長期に必要な栄養素をひとつずつ数えていくと、とても覚えられないほど多岐に渡ります。

そのすべてを普段の食事で完璧に補うことは、不可能に近いです。

しかし、これだけは欠かさないように気をつけよう、という栄養素の種類を知っておけば、成長期に必要な栄養素はある程度補えます。

b919b4ba3c7817c7a5d46f960b4d4308_s

成長期に欠かせない栄養素は主に以下のような種類が挙げられます。

 

・炭水化物

・たんぱく質

・脂質

・亜鉛

・アルギニン

・鉄

・カルシウム

・ビタミン類

 

これらの栄養素は、大人にとっても欠かせないものです。

この中で、特に成長期に欠かせない栄養素が三大栄養素と言われる

「炭水化物、たんぱく質、脂質」です。

筋肉や脂肪、細胞の元になり、生きていくためのエネルギー源になる栄養素たちです。

これらが足りなくなると、成長できないばかりではなく、栄養失調や体調不良、病気にもつながります。

 

次に「鉄、カルシウム、ビタミン類」は健康な体を維持していくために欠かせない栄養素です。

中でも特に気をつけたいのが、鉄とカルシウムです。

成長期の子どもには、血や骨といった健康な体づくりの根本にこの2つが関わってきます。

 

先に書いた三大栄養素で体の機能を働かせ、鉄やカルシウムで血肉や骨を作っていきます。

これらは不足することなく食事で摂取できるよう、気をつけるようにしましょう。

 

また、残りの亜鉛、アルギニンは子どもの成長ホルモンの分泌に働きかける大切な栄養素です。

鉄やカルシウムとともに、子どもが健やかに成長していくための重要な働きをしています。

 

 2.毎日の食事で特に気をつけたいこと


 

炭水化物、たんぱく質、脂質はある程度「ふつう」の食生活をしていれば十分に足りる栄養素です。

ですが、ここ数年は外食やコンビニなどのお弁当により、バランスが崩れてしまう傾向が顕著になってきています。

毎日3食、親と一緒に普通に食べていれば十分に足りる栄養素も、外食やコンビニのお弁当で済ませたりすることが続くと、バランスが悪くなっていきます。

特に脂肪過多、たんぱく質不足の傾向になりやすいので気をつけましょう。

cfe5cff5f5d5f3532a69fe451c910ac8_s

また、鉄やカルシウム、亜鉛などは、普段の食事に1品追加したり、選ぶ食材を変えるなど少しの工夫で補うこととができます。

鉄分なら、子どもはレバーひとかけらで一週間分の鉄分を補うことができます。

また、カルシウムは牛乳やチーズ、のりなどが含有量が多くおすすめです。

亜鉛については、牛肉などに特に多く含まれているのでたまにはステーキもいいですね。

アルギニンについては、健康な食生活を送っていれば体内で生成できるものですが、気になる場合は、鶏肉や豚肉、ごまなどで補えます。

 

 

これらの「絶対に欠かせない栄養素」を中心に毎日の食事に気をつけることで、子どもの成長を大きく手助けすることができます。

よく動き、よく食べ、よく眠る!

どんなに質の良いトレーニングも、整った生活習慣の上にでなければ成り立ちません。

家族ぐるみで、良い習慣、心がけてみてくださいね!

 

 

 

トレーナー  プロフィール

hiramatsu
平松 和也(ひらまつ かずや) 
PREMIUM LIFE FITNESS
パーソナルトレーナー兼運営戦略・マーケティング責任者

※詳しいプロフィールはこちらから!

 

 

 

 

 

Cooperated by

PLF ロゴ