“YJGAホールインワン・ナビ”第15回「あるある!?ゴルフ川柳」

今回は趣向を変えて、ゴルフをプレーする上でありがちなことを、川柳とともに紹介いたします。

20063401

皆さんも共感できるもの、あるのではないでしょうか?


 1. いいスコア 出たらここは いいコース

※コースには相性があります。相性のいいコースを増やしたいですね!

 

2. 飛ぶもんか OBなんて 怖くない

※OBを怖がっていたら、ドライバー(ティーショット)は打てません。

リズムとタイミングに気をつけて、思い切りよくスイングすることを心がけましょう!

 

3. ボールより 私のティーは どこいった

※ボールの行方よりティーを探している人をたまに見かけます。

ボールやティーの行方も大事ですが、スムーズなプレー進行を心がけましょう!

 

4. 前の組 フェアウェーには カートだけ

※全員が初心者でのラウンドはあまりお勧めしません。

1人はゴルフに慣れているプレイヤーがいたほうが、スムーズに進行できます。

ブラインドホールでは、後ろの組から見える位置にカートを置いておきましょう。

 

5. 覚えある 前にここで 右の山

※前回のプレーで右に打ちこんだ……など、悪いイメージはどうしても残ってしまいがち。

コースの特徴を覚えておくのは大切ですが、良いイメージを持ってスイングすることを心がけましょう!

 

6. ショートホール 何で打とうと オンはオン

※何ヤードのコースは何番のクラブで打たなければいけない、という決まりはありません。

番手ごとの飛距離を把握して、自分にとって最適なクラブを選択しましょう!

 

7. バンカーで サンド使って 4度打つ

※基本的にバンカーショットではサンドウェッジを使いますが、

バンカーの形状によってはそれ以外のクラブを使うことも選択肢に入れておきましょう。

ガードバンカーでは、ボールを直接打つのではなく、手前5~10cmの砂にヘッドを打ち付けることで、その衝撃力でボールを出すという打ち方(ダブらせる)もあります。

 

8. 何年も やっているのに 100切れず

※お近くのティーチングプロのレッスンを受けてみてはいかがでしょう?

今までとは違った考え方やイメージが、ヒントになるかもしれません。

 

次回の更新は、2016年5月25日を予定しています。更新をお楽しみに!

presented by

logo